« 2004年9月 | トップページ | 2005年8月 »

2005.07.31

リンクを禁止されても困るんですけど・・・

インターネットランド(通称TOSSランド)というものがあるみたいです。
http://www.tos-land.net/

 TOSSとは・・・
  教育技術法則化運動
  (TOSS:Teacher’s Organization of Skill Sharing) 

教員の方々がいろいろ集まって、授業方法を提案しあったり
インターネット上で先生方が作ったサイトをリンクしたり
子どもたち向けの教室をボランティアベースで開催したり。


で、自分もその教室を見てきました。 (絵に関しての授業)

授業内容そのものについては、正直、納得できないものがありました。

今回担当された先生が、
新しい方法を知ったばかりのためそういう状態にあったせいか
はたまた時間が足りなかったためかもしれませんが
ノウハウ的なことに重きを置きすぎ、描く順番も方法も決まっていました。
何故、このパーツを先に書くのか等、理由をすっとばして描かせていたため、
絵を描く上での全体的視野(順番とか構図)を子どもたちが体感することは
できなかっただろう思います。

今回は、言うとおりに描いて描けたけれど
次回自分で描くことは出来ない、
つまり応用力はちっとも身につかないだろうな、と。

絵の嫌いな子どもにとっては、
絵が描ける、絵を描くことは楽しいという体験をさせるには
良い授業であろうとは思いますが、
私だったら嬉しくないです。


それでも、全国の先生方が一生懸命になって、
ネット上でいろんな算数のゲームを作って公開したり
社会、理科のサイトも作ったり(素人くさいのはまあ仕方がない)
これは好感が持てそうだなぁと、
ここに紹介しようと思いましたら

あーた、

リンクに関して、なんだかむちゃくちゃな規定がありますよ。

登録1万4千サイトにものぼる、
ポータルサイトとしての自分の地位が危うくなるからですかね?

いやいや、このブログにもそのうち苦情が来るかもしれません。^ ^ ;

というわけで、
内容を絞りきれないままに、いろいろ書いてしまいました。


インターネットランド
インターネットランドについて
  
代表の向山洋一さん
  ・・・ 人を惹きつけるということは同時にクセも強いのかもしれません
  明治図書オンラインのページ
  健康本の世界より
  水商売ウォッチング:拡がる怪しい水の話より

酒井式描画指導法 ・・・・・ 今回見てきたのはこれかな?

2005.07.29

戦国時代に炸裂弾・・・^ ^ ;

NHKの「そのとき歴史が動いた」の再放送になるのかな? の
終わりごろを偶然見たんですが、

 ものは、信長 vs  村上水軍 の海戦のイメージ映像(CG)

えと、、、、
信長側の船の大砲から出ていた弾が
村上水軍の船に当たったとき、爆発し(つまり炸裂弾)、
村上水軍の船が燃えているような感じでありました。

炸裂弾は、江戸末期に日本にやってきたのでありまして
戦国時代~江戸初期の大砲は
いわばカタパルト(投石器)の改良型みたいなもので
推進力として火薬は使っておりますが、
大砲の弾そのものは爆発せず、
相手の建造物を破壊したり、心理的に圧力を加えたり、
運が悪けりゃ、当たって死ぬというものだと聞いております。

映画や漫画のフィクション物で、
効果のために炸裂しているように見せるのは理解できますが
歴史物のお勉強の番組で
そういう表現をするのは、
かなりまずくはないか? と思った次第。


一応、NHKに「ご意見・ご感想」を出しておきました。
https://www.nhk.or.jp/sonotoki/sonotoki_form.html

« 2004年9月 | トップページ | 2005年8月 »

フォト

あまぞんさん

カテゴリー

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

Twitter AnneJP1

無料ブログはココログ