« 2005年10月 | トップページ | 2006年2月 »

2005.11.22

「ポートランド・アフリカン・アメリカン・ベースライン・エッセイズ」アメリカ合衆国のとんでも授業

なにやら聞くところによると、アメリカのどこぞの州では
進化論を教える際には、同時に聖書の天地創造も教えなくてはいけなくて
進化論がかならずしも正しいとは言えないということも言わねばならないと聞く。

でもって、東京のミッション系の学校でも
同じようなことがあるとかなんとか。(中に一人入っている状態での伝聞なので不正確)


この辺はよく聞いていた話だったのだが
「失われた発見」 大月書店
  http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4272440330
によると、別の意味で、ぶっとんだ教育も行われていたらしい。

現地を直接取材したわけではもちろんないが、
まともそうな情報と一応判断したので、
ここでお伝えする次第である。


--------------------------------------

「ポートランド・アフリカン・アメリカン・ベースライン・エッセイズ」とは、
1990年前後にアメリカであった多文化科学教育のプログラムのひとつである。
オレゴン州マルトノマ郡教育委員会が作成したものらしい。

多文化科学教育という聞きなれない言葉が出てきたが、
アメリカやヨーロッパでは西洋文明は、とても崇高なものであって、
非西洋の文化や科学など取るに足らないもの、という考え方が支配的なのだそうだ。

それに反発して、非西洋の文化や科学の歴史を見直そうという動きがでてきたものらしい。

日本という、文化的に非西洋の流れの中に位置するものとしては
非西洋にも知性ある科学的な歴史があるというのはごく普通の認識であって
なんか無茶苦茶な偏見があるのねぇ、とびっくりした。

ところが、
その偏見を正すはずの「ポートランド・エッセイズ」の中身が、
いわゆる「とんでも」でオカルト的なのである。


次のものが含まれているらしい。

●BC2500-BC1500の古代エジプトでは、グライダーが使われていた。
 古代エジプト人は、旅行、遠征、レクリエーションに
 自分たちの飛行機を使っていた。
 これにはパピルスとにかわが使われ
 さらに古代エジプトには空軍があった。  ^_^; おいおい。
 ピラミッドは航空管制塔であった。

●古代エジプト人とメソポタミア人は、電池の作り方を知っていた。
 だけど、何に利用されたかはわからない。

●古代エジプト人は、予知・念力・遠隔視力の達人だった。

これが、どこかの教育委員会で作成されたものというのが、末恐ろしいではありませんか。


その他(ポートランド・エッセイズ以外)で、
あさってな方向に向かっている多文化主義者には
次のような主張もあるらしい。

●11世紀の中国の戦士は、機関銃で武装していた。
●古代インカ帝国人はナスカ平原の上を気球で飛び回っていた
●古代オルメカの巨大な人頭彫刻は、ヌビア人がアメリカ大陸を渡った証拠

なんか、社会科学や自然科学の話ではなく
オカルト雑誌の話のようであります。


進化論を否定する保守的な層のみならず
非西洋を認める、いわゆる進歩的な層にも
とてつもなく変な人がいるということかもしれません。


-------------------------------
2007/5/2追記

関係ありそうなものとして、以下のURLを教えていただきました。
ながぴいさん、ありがとうございます。

http://www.eiu.edu/~scienced/329options/multilies.html
http://www.textbookleague.org/92hoax.htm

2005.11.20

安井至氏の「世界一受けたい授業」

安井氏のサイトで
世界一受けたい授業」の収録の様子が再現されていたので
放送を楽しみにし
昨晩、家庭内でのチャンネル争いになんとか勝利して見ました。


安井氏のサイト / 市民のための環境学ガイド
http://www.yasuienv.net/ 
 「世界一」の誤解 
  http://www.yasuienv.net/MisunderstandNo1-1.htm
 続「世界一」の誤解
  http://www.yasuienv.net/MisunderstandNo.1-2.htm


うーん、時間が短い。。。。
放送がたったの15分~20分位。
普通に勘違いしている人の代表のような発言をした
某タレントが誰か興味があったのに、
キレイにカットされているではありませんか。(しゅん)

その発言があったほうが、
視聴者も同調してくれ、授業効果が大きいです。


60分番組でじっくりやってくれないですかねぇ。


ウソ垂れ流し番組だという噂の(見てないから知らない)
「あるある大辞典」の1週分に満たないではないですか。

これでは、授業の締めの言葉
「ものごとの本質を見抜く力をつけよう」
は、なかなか達成できません。


というわけで、ノーカット版の再放送を求めます。
お願いっ。

« 2005年10月 | トップページ | 2006年2月 »

フォト

あまぞんさん

カテゴリー

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

Twitter AnneJP1

無料ブログはココログ