« チョコレートをあげるより花束が欲しい | トップページ | 本当に格差社会になったのか? »

2006.03.24

レシート貼るだけ家計簿

レシート貼るだけ家計簿

どこぞのデザイン賞をもらったとか言う家計簿。(品切れらしい)

     デザイン賞については勘違いでした。
     詳しくはコメントを参照してください。

レシートをグラフに貼って、
まるで棒グラフのように位置で
家計を把握する。

計算は概算だが、面白いアイデアだと思った。
その合理性に惹かれて買った。


だが、落とし穴があった。

レシートって、
スーパーでもらうような細長いものばかりじゃないのだ。
医療費なんかは、平気でA5とかB6サイズだ。
もっとでかいものもある。
灯油なんかは、納品書と請求書が重ねてホッチキス止めだ。

そういうのは、2-3回折り曲げて貼らなきゃならないから
かなりかさばる。

大きいものを貼るのは、最初の1ヶ月であきらめた。


さらには、レシートがないものがある。
たとえば、クリーニング店。
それから列車の切符。
(領収書はもらえることもあるが手間がかかったり、切符と同じ素材だったり)

コインランドリーとか自販機も
泣いて頼んだって
起こって脅したって
レシートも領収書も発行してくれない。

金額の大きいところでは
お稽古事の月謝や学校の集金。
封筒の表面にかかれ、
その封筒を活用している期間中、手元には何も残らない。


こういう出費は、以外に多い。(小遣いもだ)
伝票や領収書、仮払の精算表といった証憑が必ずある
会社会計とは違うところだ。


さらには、通帳引落の電話料金のものはどうする?
ちと分厚い紙でA4サイズ、しかも複数枚だ。


というわけで、
いちいちお金を計算するのが面倒だというところから
「楽をして家計を把握したい」
との思いで始めた家計簿探しは
最初からつまづいた。

(つづく)

« チョコレートをあげるより花束が欲しい | トップページ | 本当に格差社会になったのか? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

おすすめなのだ(本ほか)」カテゴリの記事

コメント

 家計簿というのは、むかしから家計を預かる主婦の「悩みの種」かも。毎年婦人雑誌の付録、家計簿。レシートを貼って作る家計簿の話
は私も見たか聞いたかしましたが、デザイン大賞・だったんですか?アイデア大賞の方がぴったりかも・・アイデア倒れ・という・・

 私は女房が死んで、自分で家計を管理しなきゃならないはめになって、そこそこのプログラミング知識を総動員して電卓感覚で家計簿が作れるソフト作って愛用してますが・困ったことにN88BASICでつくったんで、いまや一般には通用しない・・私が死ぬ前に希少価値のNECパソコンが壊れませんように・・
(いまN88BASIC動くパソコン作られていませんから)

J.Iさん、はじめまして。

>デザイン大賞・だったんですか?アイデア大賞の方がぴったりかも

あいや、もしかしたら、アイデア賞だったかも?
記憶があいまいです。すいません。


>アイデア倒れ・という・・

何も無理して貼らなくても、
位置を記入するようにしても良いんですよね。
あの家計簿は。
しかし、自分は、「楽したい。貼るだけで済ませたい」
という思いが強かったんで、
融通が利かせられなかった。


ところでN88BASIC・・・・
PC9801VM2の頃ですよね?
(自分の最初のPCでした)

いまだ現役というのがすごいですねぇ。

著作者のページ
 http://homepage3.nifty.com/b2design/hp051027_006.htm
を見てみましたが
この家計簿が賞を受け取ったという話はないようです。

この著者が
グッドデザイン賞家具部門を取ったという話を混同していたようです。

ブログで書くときはちゃんと裏を取らなきゃ、ですね。^___^;

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: レシート貼るだけ家計簿:

« チョコレートをあげるより花束が欲しい | トップページ | 本当に格差社会になったのか? »

フォト

あまぞんさん

カテゴリー

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

Twitter AnneJP1

無料ブログはココログ