« 中学お受験の感想を書いてみる2 | トップページ | お勉強の量 »

2007.11.30

マンガ夜話-のだめ-

昨夜(2007/11/29深夜)、NHK-BSにて、のだめが取り上げられるということで途中まで見てました。
夜話を「よるばなし」とか「よわ」とか読んでいた私。

「やわ」だったんですね。
「軟」な話を「やわやわ」は「嫌わ」な~。

ということで、昼から翌日の朝まで延々とひとつのアニメビデオを、喋れなかったフランス語のセリフを覚えきるまで、繰り返し繰り返し見ていたという"おたく"な主人公のだめを語るには、マニアック度が足りなかったカモ。

指が6本あるシーンとか、夏目さんのコマ割り説明などは面白かったデス。
しかし、番組のためのに急遽読んだゲストの方が出てきたのはちょっと。
やはりここは、N響の茂木大輔氏 http://blogs.yahoo.co.jp/mogidaisuke
 とか、ブログで濃~い感想を書いておられる方々あたりを。。。
 
 
いや、とんでもないマニアが喋りだすと、2時間でも3時間でも平然と延々と、何ページの何コマ目がどーだとか、ここの背景は何回使われたとか、このコマとこのコマは一緒だとか、この楽器の絵は何パターンストックされているに違いないとか、ここは何楽章のどこどこで~とか、千秋さまに左手(右手だったかな?)が二つあったとか、そういうドーデもよさげなことを、視聴者無視で話し合って盛り上がるだろうから、そうするとみんな引いてしまって良くないかも?
 
 
 
そいや、今日のFMミュージックプラザでは、
「交響詩“魔法使いの弟子”」デュカス作曲 と 「ピアノ協奏曲 ト長調」ラヴェル作曲やります。
ラヴェルのピアコン・ト長調は、馬鹿なので、既にCDを持ってますが(サンソン・フランソワ版)、今日のは、ユンディ・リ(ピアノ)で、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団/小澤征爾(指揮)なので、興味津々。

« 中学お受験の感想を書いてみる2 | トップページ | お勉強の量 »

おすすめなのだ(本ほか)」カテゴリの記事

コメント

ついに、「のだめ」のことをマトモに取り上げてしまったので、この機に、少しだけコメントにて。

あたしのモーソーの中では、のだめちゃんが今のところ執着しているピアコンのデビューは(ソロでは既にデビュー済)、ベートーベンの「皇帝」やショパンのピアコン1番あたりの超有名な曲を、千秋というペーペーではなく、巨匠たるミルヒーの指揮(しかも引退公演だったりして・・・)なんぞはどうだろう、なんて思っているわけであります。(自分の好きな曲なもので、モーソー、モーソー。。。)
作者の二ノ宮さんはどうなさるのでしょうか? 楽しみであります。

ここ1週間ほど考えているモーソーは、、、

Ruiちゃんが、なんらかのアクシデントで直前になってウィルトールオケのコンサートに出られなくなって、代役としてなんどかリハーサルを見学に来ていたのだめちゃんが抜擢。(ゲネプロ1回)
公演は成功を収め、のだめは一躍スターダムに。しかしのだめちゃんの心の中は消化不良。「もっとやりたい」
そして、千秋はなんとなく寂しさとジェラシーを、、、、(以下略)

以上、モーソーでした。。。。。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マンガ夜話-のだめ-:

« 中学お受験の感想を書いてみる2 | トップページ | お勉強の量 »

フォト

あまぞんさん

カテゴリー

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

Twitter AnneJP1

無料ブログはココログ