« 2008年5月 | トップページ | 2008年8月 »

2008.06.07

鉄剤はマズ・・・かった(過去形)

ここ半年ほどずっと不調で、動作はのろのろ。思考能力減退。立ちくらみと低体温状態に頻繁になっていました。
なんとなく「息苦しくはないけれど、血中酸素飽和度が低い状況と似ている」と思ってましたが、軽度の貧血(鉄欠乏性)であることが判明。
貧血とは痩せている人が掛かるイメージがありましたが、そうではないらしいです。

参考ページはここ
http://www.nifty.com/j-health/trial/j-kusuri/ketsueki/02/ketsueki02.htm

そうですか。
体に貯蔵された鉄分が枯渇しましたか。
私の場合、自覚症状ありありというか不調がデフォルトなんで、どこからが通常なのか、どこからが異常なのか、という意味で判別が難しい。


というわけで、鉄剤が処方されましたが、、、、、これが、まずい。
ンチ(←ちと暗褐色)からは、その鉄剤の臭いがただよい、なんとなく気分がわるく、吐き気がしそうであります。(1日目吐き気有・二日目以降無)

そうだなぁ、どんな臭いかというと、サビと有機物の腐敗はじめを混ぜたような・・・・。
わかりにくい?
じゃあ、熱せられたアスファルト道路に雨がかかったときの臭いにちょっとナマゴミ臭をふりかけたような・・・・。
・・・・・あ、わかりにくいのはいっしょか。


これが、ゲップからも出ているので、少々ウゲッとするのですよ。
慣れると平気になるのかもしれませんけど。


体が酸欠状態であったことは当たっていたので、自分の観察力ってすごいヂャンと、思ったりもしたのですが、考えてみれば、生命活動終了というのは、通常の場合は、最終的に体に酸素が行き渡らなくなった結果というわけで、全然すごくないやねー。。。。
 
 
 
 
近況を知りたがっている人もいるらしいので、アップしてみました。
心配かけてどうする?という気もしますが、まあなんとか、もたもたと、生ける屍状態よりは人間らしい生活を送っています。
思考力の回復をいのりつつ。

***************

鉄剤に慣れました。よって、タイトル変更。(2008/6/10)
しかし、ンチが、、、なんか昼尚薄暗い森の奥深くの色(ミドリに黒をプラスした色)なんですわ。
錠剤は赤色なのに、補色風になるのは不思議なのじゃ。
食べているものが、野菜が多いからかしらん?
効果が出始めるのは、2-3週間後らしいので、それまでは、当分、もたもたと生きていきます。

« 2008年5月 | トップページ | 2008年8月 »

フォト

あまぞんさん

カテゴリー

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

Twitter AnneJP1

無料ブログはココログ