« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008.10.25

デザイン変更

秋なので、紅葉バージョンにしてみました。

今年の立山は、見事だったそうなんですが、行けんかった。くすん。
今日もあんまり天気よくなさそうだし、ダメですねぇ。

日本はオカルト大国なのか(追記あり2011/1/15)

先日、「1/4の奇跡」を検索していましたら、前年末、大変感銘を受けた「枚岡合金金具株式会社」の名前を見つけて、ショックを受けました。

http://hiraoka.keikai.topblog.jp/blog/100/10011115.html


「1/4の奇跡」と言ったら、

「全ての人は、インターネットとコンピュータ端末のように、
大いなる力(サムシング・グレート)と繋がっているのだ。
そして、障害者は不自由な代わりに、
その大いなる力を感じ取れる能力
(≒超能力)がそなわっているのだ。
だから彼らを大事にしよう。」

と、どこから突っ込んでよいかわからないオカルト的な妄想を垂れ流している山元加津子氏の宣伝としか思えない自主制作映画なのです。


なんで、こんな変なものを上映するのだろうといぶかしんで検索してみましたら、これまた残念なことに、オカルト界のドンとも言われる船井幸雄氏と繋がっておりました。
(オカルト界のドンとの表現は、"カルト資本主義(斎藤 貴男著)"による)


こちらが勝手に、枚岡合金金具株式会社さんを凄いと思い、そして勝手に失望しただけで、別に枚岡合金金具株式会社さんが私を裏切ったわけでもなく(そもそも私はただTVで拝見しただけという一視聴者にすぎない)、変質なさったわけでもなんでもないのですが、やはり「え~、がっかり」という言葉が出てきます。


私自身、宗教は(消極的な意味ではありますが)大事だと思っていますし、幻想小説やメルヘンも好きです。
でも同時に、論理的な考え方を持ち得ることによって、自分自身や周りの世界を正しく認識することができるようになった人間というものを尊敬していますし、その結果発達した知の集合である理科も社会も大好きです。
そして、合理的・論理的な考えは、正しく後世に伝えていかなければならないものだと思っています。


一人ひとりの個人の精神的支えや美意識や道徳といったものであるなら、どのようなものを持っていてもそれは心の自由ですし、思索を深め、芸術や哲学といったものに昇華できれば、人生や社会をも豊にするものになるはずです。

しかし、非論理的な精神論が、脳内を超え、外界を覆っている普遍的なものだと勘違いしてしまったらどうなるのでしょう。
船井幸雄氏をはじめとした人たちがその著書等で提唱しているものは、全体的で曖昧でいかようにも解釈でき、また厳しい検証を必要としないため、感情を揺さぶられているときに入り込まれると、この世のいろんものをかなり的確に言い当てられたような気がするのです。

本人たちはそうは思っていないかもしれませんが、やはりそれは異常なる外界認識(つまり妄想)であって、それを広めている人や団体はカルトであると考えても差し支えないと思います。


恐ろしいことに、船井幸雄氏の著書は、合理的論理的であることが期待されるビジネス書として分類され販売されています。
ということは、船井氏の提唱したり推薦するもの、波動(量子力学の用語に非ず)や医療、EM、そういったものが非論理的妄想のレベルではなく、ある程度の検証を得た、外界を正しく把握しているものだと判断し、受け入れている人もかなり存在するだろうと想像されるのです。

もし、一個人よりも大きな力をもっている企業(のトップ)がそれを信じ、妄想と現実を正しく認識できない状態のまま動いていったらどうなるのでしょう。
例えば長期保存用食品に、必要な防腐措置を取らず、食品に「ありがとう」といった声掛けだけで済ませたとしたら。。。


「まさかいくらなんでも、そこまでは。ハハ。」と笑った方がいるかもしれません。
しかし、船井氏をはじめとしたオカルト思想を聞いたり読んだりするにつけ、その思想を素直に信じ受け入れると、そう判断し実行する人が出てきても不思議ではないのです。
(EMのパンフレットには、EMの希薄液をエンジンにかけて、"不調がなくなった"や"癌が治った"と主張している人が載っていたように記憶しています)


もしかして、日本のビジネス界は、合理的科学的な世界観を捨て、精神論の時代、つまりどこから心理的宗教的問題でどこから理性的論理的な問題なのか区別をつけない時代に逆戻りしているのでしょうか。
企業の利益追求と社会的責任をどう整合させていくかという以前の問題だと思えてなりません。


科学とオカルトを区別できない企業、いえ、個人も含め一つでも一人でも少なくなることを願っています。
(私は、なんとか戻ってきました)

 
 -*- -*- -*- -*- -*- -*- -*- -*- -*-

簡単な用語説明


サムシング・グレート
筑波大学名誉教授の村上和雄氏が提唱する天理教の神様にヒントを得た概念。氏は「サムシング・グレートが遺伝子のスイッチオンオフを決定し生物が進化した」と現在の進化論を否定している。
ちなみに村上和雄氏のことを、ノーベル賞候補と紹介する人もいるのだが、ノーベル財団は誰がノーベル賞候補者になったかを公表していないので、実際に貰うまでは、「誰かが勝手にそう主張しているだけ」というレベルの話だという認識で構わないと思う。


山元加津子氏
石川県の養護学校教諭。年齢から推測すると、「木曜スペシャル」(矢追純一氏ディレクション)といった超常現象のTVを真に受け、まだ戻ってこれない人なんでしょう。
障害を背負った生徒たちに対する善意は疑いませんが、著書「本当のことだから」 は、TVやいろんな書籍から自分の妄想を発展・補強するものをあちこちからつぎはぎして論理飛躍と展開がなされており、正直読むのに苦労しました。
(2011年現在は単純な善意の方とは思えなくなりました。理由はこちらのコメント欄を参照のこと。 ただ、ご友人をずっと見舞うことはなかなか出来ることではないと思っています。もっともそれをアップして公開するのには全く賛成できません。)


EM
有用微生物群。琉球大学名誉教授の比嘉照夫氏が薦めているもの。私も信じて数年間やっていましたが、感覚的な結論としては、堆肥としては未処理の生ゴミを埋めた程の効果はありそう。つまりEMは入れても入れなくてもおんなじ程度で、主張するほどの効果はない。
それよりも、EMを信じている人の中には、風水を信じるようになったり、EM団子を川に投げ込めば水質浄化になるという調査結果がないのに信じる等、論理的思考を破棄してなかなか戻ってこない人がいるのが気になります。


船井幸雄氏
柔和な笑顔が魅力の、有名なおじいちゃん。 船井幸雄.com
でも、上記リンクを丹念に読んでいただければお分かりのように、怪しげな商品とか、わけのわかんない人を科学者兼ヒーラーとか呼んでいたりします。ありとあらゆるトンデモさんと繋がっているといっても過言ではない。


参考図書

 -*- -*- -*- -*- -*- -*- -*- -*- -*-

タイプミス訂正や文章推敲あり(最終訂正日:2008/11/19)

 -*- -*- -*- -*- -*- -*- -*- -*- -*-


2011/1/15追記

ここ数日、「1/4の奇跡」カテゴリーの閲覧数が多いなと思い、検索してみましたら、船井幸雄.comのサイトに、山元加津子氏がコラムを開始されたようです。

このカテゴリーの記事数を増やすのは本意ではありませんので、備忘記録のみ。

「みんなでひとつ命を生きていく」 http://www.funaiyukio.com/yamamotokatsuko/


問題ある理科教育として話題になった「水伝」のIHM社の講演会にも出ておられたようです。
「山元加津子さん講演会」 http://www.hado.com/event/201004/event-100403.html


水伝についての山元氏の無邪気な感想がちょろっと載っている文章。(船井幸雄.comより)
 > やはり、「大好き」の方が腐らないのを見たときに、1粒1粒のお米だって大好きは嬉しいのだから、私たちの細胞も「大好き」が嬉しくないはずがないと思いました。
 http://www.funaiyukio.com/shinjidai/

 -*- -*- -*- -*- -*- -*- -*- -*- -*-

「1/4の奇跡」問題 というカテゴリーを作りました。
続き記事は、こちら。(「1/4の奇跡」問題について 2009.07.17)

2008.10.12

恐るべき、くら寿司 (気持ち悪くなるほど、まずい)

先日、人に連れられて、お寿司屋さんに行ってきました。

庶民なので、当然、回転寿司なのではありますが、富山での回転寿司といったら、「氷見きときと寿し」とか「祭りばやし」のように、つややかなシャリに、旨みで甘い新鮮な寿司ネタ、そして豊富なメニューに、まわっていてもすぐ握っていただける気安さ、そんなイメージです。
(上のふたつのリンク先はメニューですので、イメージを味わっていただければと思います。Web上だけではなく、本物もこのようなお寿司です)
金沢駅前のビル内の回転すし(もりもり寿司)もおいしかったなぁ。

で、連れられていったところが、「くら寿司」でした。

第一印象 「へぇ~、全品100円なんだ~」
テーブルに座ってメニューを見たときの感想。「品数、少なっ」
自分の好きなネタがなかったので、仕方なくマグロの赤身を頼みましたが、、、、、、、

まず、マグロの形と色艶に違和感が。
刺身の形状は、魚に左右されるはずですが、キレイな長方形なのですよ。
「むむ~ぅ」
色艶もなんとなく、新鮮な感じがしない。

口に入れると、


、、、、、、、

     、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

 
        う゛、、、、

                   激マズッ

 

ネタのマグロの赤身は、半分凍っていて、しかも、冷凍か解凍に失敗したのでしょう、風味と旨みが抜け落ちた、「あなた、もとマグロさんですね。今は、何と名乗っておられます?」的な、別種のものと成り果てておりました。  

甘エビも食べましたが、これも旨みも甘みも何もなく、しかもシャリからすぐにズリ落ちてくる始末。

寿司を握っている場所が、すりガラスの向こうであるため確認はできませんが、機械で形作ったシャリの上にアルバイトの店員が刺身を上に載せているだけなのではなかろうかと思ってしまうのでした。
(Webサイトを確認すると、確かに機械でシャリの形を作っているようですね。その点は、あたっていました。)

寿司には、わさびは最初から入っておらず、つけたい人がつけるシステムのようですが、その理由がまたものすごく、「他の回転寿司は粉末わさびを水で溶いているためどうしても水っぽくなりますが、くら寿司はツウもうなるように、本物のわさびを直接おろし、食べる直前につけるからおいしい」(記憶による再現のため、文言そのものは不正確)とありましたが、言わせて貰えばですね、ツウをうならせたいのなら、「わさびより、寿司そのものを考えるほうが先」ではないでしょうか。

それに、わさびは、おろして時間が経てば経つほど、風味が逃げていくわけで、小瓶に入ったわさびはいつおろしたんだ?と突っ込みたいわけです。
そんな、いつおろしたかわからないわさびより、風味が逃げないように工夫してある粉末を水で溶いたわさびが劣るとは考えられません。

(2011/1/8追記 今のわさびはチューブが主で粉を練ることはない。 いや、チューブわさびの製造過程のことを指摘していらっしゃるのだろうか?)

いや、別の意味でなら、わさびには関係なく、ツウもうなります。きっと。


連れて来てくれた人に申し訳ないと、我慢していくつか食べましたが、どうにもならなくなり、うどんを頼みましたが、、、これまたおいしくない。
富山駅ホームの立ち食いソバが、至高の味のごとく、はるかな遠い世界の食べ物に思えました。

店を出て、コンビニでアイスクリームを買って食べたくなりましたが、席を立つわけにもいかず、もしかしたら、と一縷の望みを託して、デザート、"チョコバナナ"を食べてみましたが、、、、う、、、やっぱり、コンビニでアイスを買ったほうが良かったです。コンビニの方が、安くておいしい。うん。

 
あれから、しばらく経った今でも、くら寿司の食べ物を思い出すたびに、気分が悪く、吐き気までしてきそうです。
もし、お客を人間とみて、愛情や思いやりがあるのなら、あんなまずいものは提供できるはずがないと考えます。
よく、Webサイトに、「本物の美味」なんて書けるものです。
Webサイトのメニューにあるイメージも本当に提供しているものとかなり違いますし、嘘とごまかしにしか見えません。

スーパーのお寿司の方がよっぽどおいしいです。
「不味いよなあ、ここの寿司」と思った、すたみな太郎の寿司の方がマシだ思えるお店があろうとは思いもしませんでした。

経営陣は、あの味をおいしいと思っているのでしょうか。
もしそうなら、あまりにも私と感覚が違いすぎます。


くら寿司の正式な店舗名は、「無添くら寿司」というそうなんですが、「"無添"だから、何? 今まわりにありふれている食材は危険なんですか? こんなまずいものを客に提供しておいて、"厳選された本物"(記憶による店舗内の表示のため文言そのものは不正確の可能性あり)といったって、信じられませんねぇ。」というのが正直な気持ちです。

(だいたい、認可されている添加物を"危険"と煽っている時点で、対比する自分を良く見せようとするために他を必要以上に攻撃し人々を攪乱する行為なのではないかと、眉にツバをつけたくなります。 参考"メディア・バイアス あやしい健康情報とニセ科学")


ああ、まずかった。

そうだ。「ビッくらポン」と言うものに当たって、500円のお食事券(平日のみ)を貰いましたが、、、、どうすんの、これ。
タダでも、お寿司以外のものであっても、食べようという気が起きませんよ、すごすぎて。

 

教訓。 多少高くても、おいしいものがいい。
もしお金がなかったら、自分のところで作ろう。
お寿司は握ったことがないけれど、きっと、自分たちで作ったほうが、おいしい。

無添加が何?
食べ物屋は、おいしさが一番大事。


-------------
追記 2010/10/13

この記事の閲覧数がいつもより多くなったので、何事があったのかと思い検索してみましたら、「くら寿司側から、内定辞退強要されたとして損害賠償を求める裁判があった」ことが、TBS『NEWS23X』にて報道されたんですね。

元は、 2010/09/01の毎日放送のようです。
http://www.mbs.jp/voice/special/201009/01_30043.shtml

Togetterはここ。
http://togetter.com/li/59014
(いや、このTogetterってものの作成方法はよくわかりませんが、おもしろおそろしいそうなツールのようです)


本エントリーの妙な言い回し(正しくない日本語)を見つけましたが、放置して、情報追加のみとします。

 
-----------
(追記 2011/4/6)


無添加すぎるというのは、ある意味毒になるというブログの記事があったので、備忘記録。
続 ヤマザキパンはなぜカビないか 
>最近流行の手作りパンは小規模な店舗で作られているために、比較的早くカビが生える。そうしたパンは結構値段が高いので、購入者はカビが1つか2つ、少し発生した場合に、カビの部分を取り除いて食べている。中には、これこそ保存料が使われていない証拠だから安心だとまで言いながら食べている人もいる。しかし、カビの生え始めたパンは顕微鏡レベルで調べるとほとんどカビだらけである。かなりのマイコトキシンを食べていることになるのではないかと思う。

要は「どちらがより安全であるか」という問題なはず。

(ちなみに味で言うと、ヤマザキの食パンより、人気の小さなパン専門店の山型食パンの方が好きです♥ 香ばしくて♥)

------------
(2011/8/26訂正)

あいもかわらず、このブログ内でのヒットが多いエントリーなので、メンテナンスします。

先週、くら寿司の玄関の上に「無添加工房」とあるのに気が付きました。「無添は無添加じゃなく云々」と言っていた文章は完全なる間違いでしたので、その部分は削除しました。考えすぎてしまって、すみません。

普通のお寿司やさんであれば、作ってからすぐ食べますから、保存料は使用していないものと思います。(無添加ってやつ?)
反対に、作ってから時間が経つことが予想されるものであれば、保存料がはいっていないと、雑菌が繁殖して却って危険でしょう。


くら寿司でもうひとつ気になっているのは、マグロのまずさです。
激減しているという貴重な魚を使用しているのですから、せめて、おいしく食べられるように、丁寧に扱っていただきたいと思うのでした。
 

あと、おいしい寿司を知っているはずの富山県人でも、くら寿司が「おいしかった~」と満足している人は、多くはないでしょうが確かに存在します。
おいしく感じるか感じないかは、その人の主観なのでしょう。

もっとも、私はもうあそこに行きたくはありません。

くら寿司に行ってお金を使うくらいなら、いつも行っているスーパーの魚コーナーで売られているお寿司買います。(←富山県内のスーパーならたいていおいしい)

また、スーパーで買った、さく取り(皮は剥いであるが刺身にはなっていない)の魚と、やはりスーパーでパックに入っているスメシで、寿司つくりに挑戦してみましたが、下手くそなにぎり寿司の方が、魚の甘みがあっておいしかったです。はい。

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

フォト

あまぞんさん

カテゴリー

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

Twitter AnneJP1

無料ブログはココログ