« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008.12.22

TVが壊れて2ヶ月

http://anne.air-nifty.com/bigin/2008/11/tv-860c.htmlのつづき


まだまだTV、買ってまセン。

多少寂しいけれど、やっぱり全然困らない。

TVの話を聴いていると、マジックショーとか、サッカーの試合なんかは、見てみたかったなぁと思うこともあるのですが、見ることが出来る状態であっても、果たして実際に見たかどうかは、はなはだ疑問なのですよ。
TVを見る時間があるなら、その分、読書や勉強したいし、その前に、仕事やら家事やらで時間そのものもそんなにないし。


あと、1-2ヶ月は多分、このままデス。

 

つづきはこちら。

2008.12.08

論理エンジンで読解してみた

ご存知の方も多いと思いますが、ワンランク、ツーランク上の学習教材、あるいはお受験用に、論理エンジンってものがあります。

  論理エンジン(アマゾンのページ)


私の持っているのは、今手元にないので確認はできないのですが、対象年齢は、「小学4年生から」となっていたように記憶しています。(もっとも、4年生でこなせる子は、多分クラスに一人いるかいないかのレベルで、大半の子にとっては中学以降にやるのが最適ではなかろうかと思ってマス。もちろん出来る子は、小3位からでも可能。国語は、算数や数学以上に差があるようデス。)

 

で、この論理エンジンとの最初の出会いが、子供向けの教材コーナーに並んでいた本であったためでしょう、私の中では、「ユニークで、読み取りのヒントを与えてくれる単なる学習用教材」という認識でしかなかったんですね。


ところが先日、むちゃくちゃ難解な文章に出会いまして、その認識を改めました。

その難解な文章というものは、税法でもなんでもない、ただの法律の一つの条文に過ぎないものだったんですが、字面はちゃんと読めるのに、文の構成が複雑で、恥ずかしながら、いまいち頭の中にスッと入ってこないんですよ。
何度も繰り返して読んで、アンダーラインをつけ、一塊ごとにくくり、各関係を矢印等で結び、意味はつかめたように思ったのですが、解説文を読むと、自分の理解とは全然違うことが書いてあって、頭を抱えてしまいました。(難しめな語句は使用してありますが、知らない言葉が文章内に存在していないにも関わらず、読めないとは何事!!!)

そこで、これはもう、印刷されたままの状態での隙間と、私の頭の中だけで処理できる範囲を超えていると、試行錯誤しながら、文章を分解し、各塊間のつながりを図式化して、組み立て作業を行って、読解作業を試みたんですね。
そこでようやく認識した、文内での語句の繋がりと、把握できたこの文章が言わんとすること。

0812ronri
(B5のレポート用紙使用。上のは、ひとつの文で、下のも、たった二つ。)

そして、出来上がった図は、どこかでみたもの。そう、まさに、論理エンジン風。


というわけで、この論理エンジン風の図式化は、自分の能力を超えている文章を読むとき、大人にとってこそ、有用な手法だと認識したのでありました。


今は逐一描いているイメージ図も、何度か描いていると、そのうち、頭の中でも組み立てが出来るようになるやもしれませぬ。

ちょっと錆付いてしまった頭を活性化し、新しいものを手に入れるために、どんどんこういうテクニックを活用していかんなネ。うん。まだまだ、ガンバらんニャ(←富山弁)。

  参考ページはここ。
  http://www.ronrienjin.co.jp/

子ども用に買ったのは、これ。


スタンダードは、これ↓なのかな?
4年生用とありますが、普通は無理で、「中学生向け」と書き換えてもいいんじゃないかな~、と思ったりします。

季節が変わっていた

ふと気が付くと、紅葉はすっかり落ちてしまい、庭には一昨日の夜の雪がまだ少し残っていました。
今抱えている仕事は、あと2日でとりあえず中休み。
ガンバロー。

っというわけで、紅葉のテンプレートも季節はずれになりましたので、冬バージョンに変更してみました。

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

フォト

あまぞんさん

カテゴリー

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

Twitter AnneJP1

無料ブログはココログ