« ノートカバー式システム手帳の話/A5版-2- | トップページ | 病室でヨーグルトを作ってみた »

2009.02.23

B7メモ帳ファイルの話

メモ帳ファイル あるいは ノートカバーの話(2008.09.08) のつづき。

 
FOBのメモ帳ファイルは、2種類のB7ノートを入れるのですが、方眼紙タイプの方は、近くに売っているお店もないし、高めなので、B7レポートパッドが入るように、ちょっと改良してみました。

B709022305

背表紙の裏側に、ダイソーのA5かA6サイズのクリアフォルダ(100円でかなりの量が買える)を切ったものを両面テープで貼り付け、であります。

そこに、B7のレポートパッド(アマゾンへリンク)を差込みます。

そんで、右側にはB7の普通のノートと、真ん中に、カードフォルダ。
B709022302

当方、方眼紙タイプのノートは結局、ちょっとしたアイデアメモやラフスケッチ風に利用するのが主で、のちのちばらして利用する可能性を考え片面しか使用しなかったので、方眼ノートよりこのレポートパッドの方が適しているような気がします。

ただ、このレポートパッド、厚めで、すこし使用した状態であっても、こんな厚さ
B709022301
なので、「小さくて~、薄くて~」という点は、少々犠牲にしてしまいました。


それから、このレポートの紙ですが1枚1枚がもう少し厚ければ、昔、大学時代にならった知的生産の技術の情報カードシステム風になるような気もするのですが、そうすると「薄くて小さい」という当初の前提とさらにかけ離れたものになってしまう上に、情報カードシステムの不便な点、「すぐバラけちゃうっ」「たっか~いぃぃ」という点がついてまわってストレスになるので、今回はこれで。


そういえば、こちら(朴斎さんのブログ)にも、情報カードシステムの話が載っておりました。


(B7メモ長ファイルの顛末はこちら 日常の手帳(A6メモ帳ファイル)の話 -手帳カバーを改良してみる- 2010.01.07)

« ノートカバー式システム手帳の話/A5版-2- | トップページ | 病室でヨーグルトを作ってみた »

ノートと手帳」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: B7メモ帳ファイルの話:

« ノートカバー式システム手帳の話/A5版-2- | トップページ | 病室でヨーグルトを作ってみた »

フォト

あまぞんさん

カテゴリー

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

Twitter AnneJP1

無料ブログはココログ