« 経文式ジャバラ手帳 | トップページ | 炭酸文明 »

2009.08.17

下山発電所美術館に行ってきました

下山、こう書いて「にざやま」という。

そこの発電所を改造した美術館に行ってきました。

塩田千春展-流れる水


中は、病的な、病院のベッドを35-6台、上から吊るして、ときどき水をザーーーーと流し続け、止めてはポタポタ滴り落ちる作品と、上のスペースでは、空のベッドに、赤の針金でぐるぐるに巻いた写真たてが数個。
壁には、古びた電話に繋がった数個の受話器。

数枚展示してあるスケッチも病的で、気持ち悪さ倍増。
まさに、精神世界の入口へようこそ、ってな感じ。

見るだけなら、「ぞくっ」とする感じでそれなりに面白いですが、そういうのを制作することができる内面には恐れ入りました。制作するということは、ずっと、そういう暗い内面の精神世界を見つめ続けるということですから。

 

ところで、その場所は発電所といっても山奥じゃなく、周りは田んぼの普通の集落なんですね。
都会のど真ん中だと受けそうな展覧会だなあと思ってきたのでありました。

美術館のサイト
http://www.town.nyuzen.toyama.jp/nizayama/

« 経文式ジャバラ手帳 | トップページ | 炭酸文明 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 下山発電所美術館に行ってきました:

« 経文式ジャバラ手帳 | トップページ | 炭酸文明 »

フォト

あまぞんさん

カテゴリー

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

Twitter AnneJP1

無料ブログはココログ