« 炭酸文明 | トップページ | 最新 財務諸表論11版 »

2009.09.26

家でヨーグルトをつくっている

「病室でヨーグルトを作ってみた」のつづきです。
実に、6ヶ月ぶり。

 

入院しているとき、お口が寂しかったんでヨーグルトを作ってみたのは、上記の通り。

そんでもって、入院中はうまく行ったんで
「な~んだ、ヨーグルトって、常温放置でも出来るんジャン♪ かんた~ん」と、
味を占めてやってみましたが、

  どうもですね、
    半分くらいが、

失敗作になる感じなんですよ。

 

入院前にやっていた自家製ヨーグルトは、牛乳を鍋にあけて、温度を測りながら暖めて、50度になったら火から降ろして、それを再度、牛乳パックに注いで種(市販のプレーンヨーグルトのこと)を入れて、ふたをして、発泡スチロールの箱に入れる、という作業で作っていたんですがね、、一応、参考にした本より簡便作業だったんですが、、、、、、、それでも、さらにらくちんな方法(常温放置っ)を知ってしまった以上、もう戻れないんですね。

 

そんなわけで、現在、こんな感じで、ヨーグルトを作ってます。

1. 牛乳(もちろん加工乳でもOK)パックに、タネを入れて、あけた口をテープでぐるぐる巻いて閉じる。
  仕込むタネは、だいたい大さじスプーン1-2杯。

2.. ペットボトルの空きビンに、お湯をつめる。(うちは蛇口のお湯を)

3. 種を仕込んだ牛乳パックと、お湯が入ったペットボトルを、発泡スチロールの箱に入れる。

4. 約24時間放置。  → 完成

0909gyunyu

めちゃ、簡単作業になりました。
入院前の、シチめんどくさい作業はいったいなんだったんだろう。。。。


今までの経験からだと、低脂肪乳は、飲むヨーグルト(プレーン味)になる感じであります。

この方法、簡単で廉価でヨーグルトが手に入るのが良いところなんですが、欠点は、、、味の調整が難しいところですかね~。

24時間放置では、酸っぱめになるので駄目な人がいるかもしれないです。そんでもって、発酵度合いは気温にも左右されるようなので、「何時間だとこんな味。」というのがわからんのです。

その辺は、自分の作るものなので、まあ、アバウトにやってマス。

« 炭酸文明 | トップページ | 最新 財務諸表論11版 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

私の女房は、ランチジャーで作っています。
例えば、こんな感じの物で、
http://www.thermos.jp/Products/hotlunch/JBA1801.html
大きさと断熱性(放熱性?)がちょうど良いそうです。
それ以上詳しい事は、わかりません。

mimonさん、いらっさいませ~。

ランチジャーというと、暖めた牛乳を、パック等から出してランチジャーに入れておられるのですかね?

ランチジャーは、納豆作りに使ったことがあります。失敗しましたが。。。。

あんねりあんさん、
女房の方法は、ランチジャーの中に、直接牛乳を入れるのではなく、その中にちょうど納まるくらいの容器の中に牛乳とタネを入れてました。牛乳を加熱しているかとか、容器を湯煎にしているかとか、実は、よく知りません。
ちょうどいい大きさというのが、5人家族から私を除いた4人前なのです。もし、「失敗作」に中ったりしたら怖いので、私は、口にしていませんので、出来ばえのほうも評価できません。
それは、私の考えですから、かまわないのですが、使っているランチジャーというのが、自宅から会社に通ったいたころ、10年以上「愛妻弁当」を入れていた愛着のある物でして、今、単身赴任になって、「もう使わないよね」と、流用されていると、なんだか悔しく感じます。

納豆にランチジャーは、保温性が高すぎて納豆菌が「熱死」したのではないでしょうか。納豆あたりなら、百円ショップで売っている保温バッグくらいがいいと思います。私は、熱屋ですから、好適な断熱性を求めるためのシミュレーション(楽しそう)くらいできますが、それをすると、安くない「設計料」をいただく事になりますので、ヤマカンで、ご容赦願います。

亀レスすいません。

納豆のご教示、どうもです。
自分のところで大豆を煮ると、ものすごく巨大になってしまって、市販の納豆のイメージとはかけ離れたものになるんで、なかなか作ろうという気にはなれないのですが、また機会があれば参考にいたします。

で、こっち↓について。

>なんだか悔しく感じます。

うーん、
台所は、一日のうちに、何十との物が移動する、家庭内における生産現場・廃棄処理場の最前線なので、愛着があろうがなんだろうが、そこに数年使わないものがあって日々の処理に支障がでるようなら、わたしだったら廃棄処分にしまふ。。。
(台所にはいろんな形状のかさ張るものが多いので、始末がうっとおしいんです。)

ひとりひとり違うので一概には言えませんが、台所仕事を日常している人間とそうでない人間の感覚の差かもしれません。

このエントリーに、スパムコメントが何度かつくようになりましたので、やむなくコメントの新規受付を中止します。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 家でヨーグルトをつくっている:

« 炭酸文明 | トップページ | 最新 財務諸表論11版 »

フォト

あまぞんさん

カテゴリー

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

Twitter AnneJP1

無料ブログはココログ