« 3回目接種の後(認識ギャップ調整) | トップページ | 薬の量を減らしてもらいました(6回目) »

2010.03.08

4-5回目注射のその後

前の記事はこちら
3回目接種の後(認識ギャップ調整)

 

3回目のインターフェロン注射のあとは、4.5日もゴロゴロ寝てた(起きられない)んですが、4-5回目の注射の後はそれよりは楽でした。というより、「出来ないんだも~ん」というのが自他共に共通認識になってきたため、出来ることがあればそちらに目が行くようになったのかも。

 

4回目の注射部位 ヘソの斜め右上。(前回より少し痛いぞ~)
5回目の注射部位 左太もも真ん中正面。腹より痛い。腕の注射並の痛さ。

注射した日は、3-4時間くらいから段々と頭痛です。頭ガンガン。それに耐えるために力が入るせいか肩こりひどし。バファリン(頭痛薬)が欠かせません。気分的には、4-5時間間隔で飲みたいくらい。6時間の服用間隔がつらかった。少~し吐き気もあるし。

注射の翌日も、2回頭痛薬服用しましたが、8時間位は耐えられました。軽い吐き気。

注射3日目、頭痛薬服用1回。

最近寝つきが悪く、少し、不眠になりつつある気配。
それから歯磨きが少しおろそかになってしまったのか、歯が痛い。(情けな~)
血液の副作用は、私の場合あんまりないそうなんですが、もともとの平常のヘモグロビン数値がかなり高めなので、思考力減退が見られるような気がします。(左は、きちんと調べたわけではない素人考え)

(本日の目は充血中)


家事は相変わらず、もたもたとやっています。
インスタント食品を上手に活用してやり過ごそうとしましたが、買ってきたインスタント食品が口に合わず困惑中です。どうすればおいしくなるかすぐ思い至るのに、それを実行できない自分がもどかしいっちゅーか、なんちゅうか。
下手なインスタント食品よりは、(「納豆タマゴ掛けご飯」+「作り置きの御浸し」+「インスタント味噌汁」)×3食の方が良いかもしれませぬ。(いや、納豆とタマゴ3回は、いかんぞきっと)


少し、勉強や仕事が出来るようになったかな。すんごいモタモタ状態ですが。


  -*- -*- -*- -*- -*- -*- -*-

今日の北日本新聞に、「肝炎、早めに気付いて 富山県内、治療助成制度の利用低迷」という記事がありました。
(記事よりデータ抜粋)
県内の感染者 ・・・ 推定1万人以上
インターフェロン治療助成制度の20年度の助成枠(富山県) ・・・ 800人
上記の20年度の申請者 ・・・ 380人
21年度の助成枠(富山県) ・・・ 500人
上記の申請者(12月末までの途中集計) ・・・ 179人

それで、その理由として、
・自覚症状がないため放置
・平成4年ごろに認可されたインターフェロンの副作用のイメージで薦めない医師もいる
との考察がありましたが、
私は、さらに現在の副作用も上げたいと思います。

確かに、今の副作用は15年ほど前とは比べ物にならないほど軽いですが、それでも、治療していないときと同じように働けるとは限りません。いや、「無理」と想定し、あらゆる手配をして治療に臨んだ方が良いです。(副作用が軽ければメッケもんといった感覚で)

職場の理解や、治療している人が不利にならないような制度的なバックアップも必要でしょう。
人間としての当然の理解もあって、さらに制度があっても、昨今の経済状態では融通を利かせて上げられない会社もあるでしょう。
また、制度のバックアップが望めないパートさんや派遣、バイトといった非正規雇用の人は、早めに治療したくとも二の足を踏む人も多いはずです。今、この仕事に穴を開ければ、現金収入が絶たれてしまって、オマンマの食い上げ状態になりかねません。

「今の命」と「将来の命」の比較ですね。


患者の勝手な要望を言わせてもらえるなら、治療は長引いても良いので、もっと副作用のない治療法の開発を望みたいところです。


(2010/3/9追記 なんかこんなのあった。使えるものになればいいな。
C型肝炎の新治療法を発見、毒性低い新薬開発に期待 米大 )

  -*- -*- -*- -*- -*- -*- -*-

追伸

唯一期待している、食欲減退の副作用、まだでんがなっっ

 

///ちなみにこの頃のmixiの自己紹介文///

少しの吐き気と
強烈な肩こり首こりと
頭痛と
バファリンとを
友だちとして日々過ごしてます。

誰か、家を掃除してください。
ホコリがなんか多くてかなわんデス。
 
/////////////////////////////////////


つづきはこちら
薬の量を減らしてもらいました(6回目)

« 3回目接種の後(認識ギャップ調整) | トップページ | 薬の量を減らしてもらいました(6回目) »

C型肝炎治療」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様ですなんて、簡単な言葉で済ましてはいけないような気がしますが、たいへんそうですね。頭痛と吐き気はつらそうです。

治療のための苦痛であるのが、まだ見通しが明るい(と言っていいんでしょうか)ですね。

>「今の命」と「将来の命」の比較ですね。
ううん、重い言葉です。

>治療のための苦痛であるのが、まだ見通しが明るい(と言っていいんでしょうか)ですね。


あ、私のしているのは"治療"でしたね。そういえば。

まあ、ヘロヘロと根性なしで流されてるだけなんで。
「ウィルスが少しでも減れば良いかなあ~?」位のつもりなんですよ。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 4-5回目注射のその後:

« 3回目接種の後(認識ギャップ調整) | トップページ | 薬の量を減らしてもらいました(6回目) »

フォト

あまぞんさん

カテゴリー

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

Twitter AnneJP1

無料ブログはココログ