« 2015年7月 | トップページ | 2016年1月 »

2015.12.30

ソバルディ&レベトール 飲み始めました(一週間経過)

前の記事はこちら 2015.12.09 C型肝炎治療・再挑戦

商品名 → 「ソバルディ」と「レベトール」
一般名 → 「ソホスプビル」と「リバビリン」


12月半ばから始める予定だったのですが、診察予定日の前に徹夜が二晩続いてしまい、仮眠2時間のつもりが診察時間内に起きれず、結局治療開始を1週間遅らせ、2015/12/23(水)という年末からとなりました。

肝炎治療の医療費助成(富山県の場合)の受給者証を事前に取得してからの治療です。

受給者証があると、月々1万円で済みますが、事前にもらってないと、後から還付されたとしても、とてもとてもお金が回るものではありません。
(3割負担であっても、月々100万超えそう)


下は病院でもらってきたもの一式です。

151230sofosbuvir03

真ん中のボトルは、商品名ソバルディ (ギリアド社) 一般名ソホスブビル
その右下のシートに入っているカプセルは、商品名レベトール (MSD社) 一般名 リバビリン

周りののみ忘れないようにするグッズは、ギリアド社のもの。

インターフェロン+リバビリン の治療に比べれば、全くと言っていいほど副作用がないとのことですが、やはり副作用はありまして、その注意文書も。


151230sofosbuvir01
  ↑
ソバルディのボトル

医者の薬がボトルで処方されたのって、初めてです。

ボトルって言えば
市販薬では、胃薬
自分がよくお世話になっているものと言えば、ガム


さて、ソバルディは、その治療効果と同時に、薬価が注目をあびまして、下世話な人間としては、それがボトルで処方されたってことに反応してしまうわけです。

 ソバルディ     61,799.3円×28錠=1,730380.4円
 レベトール 627.6円×4錠/日×28日分=70,291.2円
                    合計 1,800,671.6円

末端価格 180万円の薬ってことですねいっ
(年末年始なので、特別に28日分処方)

あわわわ
きちんと考えなかったとはいえ、なんて高価なヤクを無造作に取り扱っていたんでしょう。

アメリカとかでは、あまりの高価な薬のために、保険金支払いが拒否されていると聞きます。
それが日本では、月1万で処方されます。(検査・診察込)

有難いことです。

 
で服用開始。

151230sofosbuvir02
ちょっと大きめの錠剤です。


せっかくいただいたグッズを冷蔵庫の前に貼って、日付を記入してチェックしつつ飲む。
 ・・・・・
忘れず、飲んで、チェック

151230sofosbuvir04

上の地図みたいなものには「ソバルディ飲んだよシール」(一般名はソホスプビル)
下は、「リバビリン飲んだよチェック」(私が飲んでいるのはレベトール)

・・・のつもりが、何故かチェックが漏れてしまうようなので、
(ボケか??)

シールにも日付を入れました。
151230sofosbuvir05

 
 

さて、気になる副作用はといいますと、倦怠感や頭痛があるらしいです。
あと、貧血。(主にレベトールの副作用とか)

実際に1週間飲んでみたところ、以前の治療(ペグインターフェロン+リバビリン併用療法)と同じような感覚、なんかムカムカするというか、心に穴が開いたような虚脱感があるというか、そんな感じはしました。
頭痛も、少しあります。


一週間、ダラダラ~って過ごしました。

いや、多分、なまくらな性格のせいではなくて、体調が悪いんですよ。
だって万全のときは、ダラダラし続けるのが苦痛なのですっ。

もっとも、飲み始める前日、その当日も、体調は万全ではなく、疲労・肩こりから、「頭痛」「吐き気」もあったので、どこからが自分のもともとの体調なのか、どこから薬の副作用なのか、はたまたプラセボのような思い込みなのか、はっきり判別はできません。今も、こんな遅くに文章を書いてますし。

副作用っぽいとは思いますが。


ただ、ペグリバのときのような、ガンガンと酷い頭痛とは無縁です。

あれは酷いものでした。
薬を飲み始めてから、だんだん頭痛がしてきて、ストーブの前で、一日中、ほとんどなにも考えられない状況で横になっていました。
そして24時間眠るわけにもいかないので、漫画で時間つぶしと精神の均衡を保っていたという感じで、とてもじゃないけれど、人間生活ではありませんでしたから、全く違います。

挫折したペグリバ療法の記事はこちら(代表ひとつだけ)
 2010.03.28 リタイア寸前7週目(詳細)


数値については、また次回ということで。

------------

続きはこちら
 2016.01.08 ソバルディ&レベトール 2週間経過

2015.12.09

C型肝炎治療・再挑戦

ソバルディとかハーボニー配合錠とか(2015.07.04)の続き

C型火炎治療、そろそろ再挑戦します。

60kgを境に、リバビリンという貧血になりやすい薬が、2錠になるか3錠になるかってことらしいので、2錠にしたいのですが、どうも食べ癖がついてしまって、ぶくぶく順調に成長中で、ブラウスも苦しく、、、

おまけに、歯の治療もあって、ちと悩むこの頃。


また治療の様子をこちらで、報告しますね。


続きの記事はこちら
 ソバルディ&レベトール 飲み始めました(一週間経過) 2015/12/30

« 2015年7月 | トップページ | 2016年1月 »

フォト

あまぞんさん

カテゴリー

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Twitter AnneJP1

無料ブログはココログ