ノートと手帳

ノート、手帳、ファイル等の自分なりの工夫の記録。

2012.12.12

マネジメント式手帳を使ってみる

前の記事はこちら
 自作手帳カバー(2012.12.07)
上の記事で、「中身はナイショ」と言っていた本手帳の話を。

 
あるとき見かけた、リンクに表示されるテキストダイゴーのマネジメント式手帳(←アマゾンにリンク)

(”ダイゴー Management” と検索するのが良いらしい)

41oqdswspl
写真は、1週間の計画(マネジメント)のページ。


私は4月始まり手帳を使っていたんですが、これを見つけたとき、とても心に残り、しばらく悩んだ末、あと数ヶ月は残っていた前の手帳から、12月始まりのこいつに切り替えました。

まだ使い始めてから3週間目ですが、

私は、「何時に何分にどうこうする」っていう思索の結果を書き込むものではなく
「いついつまでに●●をしたいから、今日は○○をする」という計画を書き込むものがほしかったんだと気が付いた

という感じであります。

(3年後は全然違っていることを言って、別の手帳を使っているかもしれませんが coldsweats01)

 
今のところ、快調ですよ~。

Manege120701
中表紙

Manege120702

手帳の名前は、↑にあるように、「働く女性のダイアリー」っていうんですが、こいつは気に食わないです。

ものすごく使いやすい手帳なので、男性も、家事と趣味をやっている女性も使っていいじゃないと思いますね。
なんで、ターゲットをわざわざ狭くするようなタイトルをつけたんでしょう?

 
この手帳の最初の方に、「年間」のあらあらの計画を立てるページがあります。
Manege120703

項目は3つに分けているので、例えば「家庭・家族」、「仕事」、「趣味・勉強」なんかに分けたり、
「仕事・プロジェクト1」「プロジェクト2」「プロジェクト3」に分けるのも良さそうです。


次に、「月間」の計画を立てるページが。
Manege120704

月間のデザインについては、2種類あるとか。
自分の使っているのは、ブロックタイプ。(これしか売ってなかったんで)


次に、「月間計画」を実現するために、「週間」あるいは「各日毎」の計画を立てていきます。
Manege120705

ここには、大きく4種の項目+アバウトな時間計画書き込みスペースがあります。

すっごい便利でありますよ。
こんなに書き込んだ手帳は今までありませんでした。
(自分にあってたみたいです)

手帳を、計画を立てるツールとして活用したい方に向いている手帳で、実際にやったことを記録したい方には向いていないように思います。


この手帳でショックだったのがこのページ。
左側のページはなにかわかりますか?

Manege120706

1年の日付が書いてあるんですよ。

ダイゴーのページ見ると、「体調サイクル管理」とあるので、生理日や排卵日等のチェックに使う意図らしいのだけど、

「一年ってこんなに少ないんだ」と改めて認識しました。

なんたって、1年がたったの1ページ、小さな紙っぺら1枚ですよ。
あと、何枚分残っているんでしょうねぇ、自分の人生は、と考えてしまったのでありました。


そうそう、もう一つ気に食わない点は、これ。
Manege120707
縁が「金色」なんですよ。

や~め~て~

金色の縁を喜ぶ女性、いますかね?
あんまりおらんと思いまする。

もし縁に色をつけるなら、パステルカラーはどうでしょう?
金色より良いと思うのですが。

(汚れ防止の意図があるらしい)

でも、それよりも、高橋の手帳か能率手帳のように、ささっと目的の月を開くことが出来るように工夫してほしいです。

そこは不便なので、アクティブ部分に付箋紙をつけて対処してます。

 

(付録のクリアファイルも大きさが中途半端だし、物が落ちそうで使わないだろうと思ったので、処分しました。
ごめんなさい。think
自分的には、差し込み出来るカードホルダーや切り取りできるメモノートだったら、嬉しかった。
わがままですいません。)


最終訂正日 2013.9.28

2012.12.07

自作手帳カバー

ここ2年ほど使っている手帳カバーのことを書いてなかった。

基本仕様は、市販の手帳カバーを改良したものと同じ。
(「日常の手帳(A6メモ帳ファイル)の話 -手帳カバーを改良してみる-」(2010.01.07) 参照)

Cover120601
ちょっと汚くなっているのは、約2年間使用してきた証だ。うん。

カバーの内側に、カード用ポケットを作ったり、鉛筆ホルダーをつけたり、、ってことさえ「考えなければ」、作り方はいたって簡単。

まず、自分の作りたいカバーの大きさに合わせたハード芯(固めの芯地)を用意。それに合わせて布を縫っていくだけである。
もちろん、多少のコツは要る。
(たとえば、アイロンで折り目を付けるとか、布は硬い方がつくりやすいとか。)

ハード芯がなんのこっちゃわからんとか、高い、と思われるのであれば、ケント紙のような紙で代用できる。市販の雑誌の表紙でもいいんじゃない? ただし厚めの紙がいい。リサイクルである。
ただ縫うときに、紙が滑ってずれやすくなるので、布と糊で先にくっつけておくとベターかな?

(補足: 市販の芯地には糊がついている。紙より芯地の方が、作りやすいと思う)

 
Cover120602

カバーの見返しのポケットには、必要な小物を入れたりもする。
写真にあるのは、付箋紙やなんかのクーポン券。
見返しポケットがあまり大きいと、1年後に小物の残骸が発見される怖れあり! こわこわ~。

その右側に来るのは、「手帳の高橋」で買ったときについていた、サブ手帳。
切れるメモを使い切ってなかったんで、あれば便利かなと思って。

 
Cover120603

サブ手帳の次は、いろんな紙片をはさめるゴムひも。
大き目の領収書(病院の。でかい)や処方箋があったりする。
あんまり横着すると、手帳がすぐに私のような「デブ」になる。注意。

その次は、本手帳。(中身はナイショ)

 
Cover120604

カードホルダーは便利なので、いろんな手帳や、百均の保険証入れとかを、便利な大きさに切り取って使ってる。

Cover121601
(写真は、百均の保険証入れのひとつ。ボタン取ったり、はさみでカットしたり、工作してる)
 
来年もこの手帳カバーのお世話になろうか、あたらしいものを作成をするかは、まだ未定。

(2012/12/16最終訂正)

この記事の続きはこちら。
「マネジメント式手帳を使ってみる」2012.12.12

2012.05.02

簡易透明ファイル

ちょっと前、大量の書類をファイルすることがありました。

大きさはB5。厚さにして、10センチ。

 
整理してみると、厚さ0.5~3センチ前後に分類できることが判明。

そんなに大切に保管する必要はないのだけれど、痛むのは困る。差し替え入れ替えの必要はほぼないが、書き込み等で、フル活用をする可能性がある。

 
単に閉じ込むだけなら、紙ファイル(フラットファイル)で十分というレベルの書類なんだけれど、紙ファイルは、中身が見えないし、開いて書き込み等をするには、かなり不適。

綴じ紐と厚紙のファイルも書き込みできないからね~。

もちろん、リングファイルほど大層なものも要らない。
差し替えする必要もないし、ごついし。
(厚さ3センチに対応できるリングファイルって、どんなにごついんだ?)


それで、文具店で簡単ファイルを買ってはみたものの、
File050201
0.5センチ位のものならなんとか対応可能かもしれないが、3センチ位のものには到底対応できなかった。

 
で、
File050202
家にあった、古めの、クリアフォルダA4サイズに穴あけパンチで穴を開けることにしてみた。

最初に穴を開けて、閉じてある部分は、書類の大きさより少し大きめにカット。

書類の厚みにあわせて、透明フィルムを曲げ(手で大丈夫)、外から綴じ紐を通して余裕を持たせて、反対から出して、紐の元の部分と結ぶ。
File050203

綴じてない側を、書類の大きさ+アルファでカット。

出来上がりでおます。
File050204


ぺらぺらで弱いけど、うん、この書類は、この位で十分。

もう少し厚めの素材が必要なら、百均で売っているかも?

ホームセンターの農業資材売り場で売っている乾燥機のダクト用?の透明なものもいいかな。クリアフォルダより柔らかいけど。


この方法の欠点は、あれだ。
縦にすると、紐が斜めになって、中身が出てしまうんだ。
File050206
あと、滑りやすいことかなあ?

最大の欠点を忘れていた。
綴じ込みの穴が傷んで、書類が破けてしまう。
透明フィルムも、多分。

4つ穴にした方がよさげ。
透明フィルムは、メンディングテープや半透明布テープ、OPPテープ(透明梱包テープ)で、強化しておいたほうがよいかも~。
書類の最初の部分は、メンディングテープで補強、と。


でも、反面、余裕を持たせて綴じると、中身がちゃんと開いて、書き込みしやすいです。
File050205_2


廉価だし、厚さは自由だし、かさばらないし。


ってことで、久々の「ノートと手帳」カテゴリーへの投稿でした。

画像は、古い携帯です。
解像度の悪さはご勘弁を。

2010.04.19

ノートカバーを作ってみました(A5サイズ)

ノートカバー式システム手帳の話/A5版-2- 2009.02.23 の続き


コクヨさんのノートカバー(A5サイズ)を1年以上活用させていただきましたが、収容ノート数他を増やしたかったので自作してみました。
外見デザインは、コクヨさんのノートカバーが土台。
0419notocover1_2

サイズや中身は、自分なりにいろいろ工夫しつつ、かつ作り易いものを。
ノート3冊程度のほか、百均のファイルや未分類資料等いろいろ入ってマス。


材料(例えば太い糸とか)と工程をもう少し改良して、もちっと制作に慣れれば、商品として十分通用しそうじゃん~。
(採算ベースを考えると、あれだ、材料費を工夫しないとあきませんが・・・)


0419notocover3_2


↑は、材料やデザイン、工程なんかで失敗した残骸。。。。


  -*- -*- -*- -*- -*- -*- -*-


A6サイズのスケジュール手帳カバーは、今年も市販のものを改良してみましたが、、、、外見がいまいちになってしまいました。ならばと、自作を試してはおりますが、サイズが小さい上にカードなんかを入れるポッケを作ろうとすると、むちかちーですネェ。

2010.01.07

日常の手帳(A6メモ帳ファイル)の話 -手帳カバーを改良してみる-

「B7メモ帳ファイルの話」2009.02.23
  と
「ノートカバー式システム手帳の話/A5版-2-」2009.02.23
の続きになります。

11ヶ月ぶりです。


去年は、必要にせまられて、日々の時間管理をすることになりました。
最初は、スケジューラーソフトを使っていたのですが、PCを使うと、ついついネットをしてしまって、時間を取られるので(^ ^;) ←意志薄弱、、手帳で管理をすることに。


「ノートカバー式システム手帳の話/A5版-2-」で使ってみようとした、A5のコクヨさんのスケジュールノートは、時間管理のページなしの上、持ち運びに不便なサイズなので、早々にボツ。
(あ、仕事用には、A5カバーノートファイルは大活躍です。コクヨのSYSTEMICのA5版は3色ともそろえました~♪)

(追記/アマゾンコムを見ると、バーチカルタイプのA6キャンパスノートがあるみたいですね。実物を店頭で見たことがないのですが。)

「B7メモ帳ファイルの話」のメモのほうは、大きさはとってもグーなんですけど、この大きさで日々の時間管理するには、例え自作のシートだとしても、小さすぎて使えませぬ。
そんな訳で、主役の座を降りてもらい、もっぱら通帳フォルダーとして過ごしてもらっています。


それで、ほぼ1年間使ってみたのが、↓これです。
0107note10_3


下から見ると、こう。
0107note09_2

はい、3冊はいってます。
(お茶をこぼしちゃって、シミがついてまふ)


もともとは、市販のA6サイズのバーチカル手帳です。
(買ったのはダイゴー株式会社のもの。多分、500~600円位?)

そのビニールカバーに、ゴム紐をつけました。
0107note11_2
(ああ、のびちゃってる。つけたときは、もっとピンッと張ってました。)


市販の手帳のカバーって、その手帳ジャストサイズに作られてるんで、紐をどれだけつけたって、2冊3冊とノートが入るはずがないのですね。
そこで禁じ手?。
手帳の表紙の端を、少し(5ミリ前後)切る。
そうすると、その切った分が、マチ(厚み、背表紙部分)になるのでした。
(あんまり切ると、中身の紙の縁が傷むので注意)

 

開くと、こう。
0107note12_2
名刺やら、チケットの半券やら、領収書やら、いろいろ入れることができます。
書類らしきものも畳んで紐に通してありますっ。


1冊目のノート(無地)
紐に通して、カバーに片方の表紙を差込みます。
0107note07_2

コクヨの文庫本タイプのノートブックとか、無印良品の文庫本サイズの無地ノートを入れて、なにやら妄想、、、もとい、思いついた風景だとか、風景小物のスケッチだとか、アイデアだとかを書き込んでマス。


そのノートの反対の表紙には、、、
0107note08_2
買い物メモですね。
台所にあるメモ帳に、必要なものを書き込んでいて、買い物に行くとき、ペリッとはがして、このA6メモ帳ファイルの開き易い場所に適当に貼り付けます。
(写真では、ドラフティングテープ。お薦めは、はってはがせるテープか、メモ帳タイプの付箋紙 -リンク先は例- )
スーパーや量販店では、カートの中でここを開きながらお買い物。


お隣は、尊敬するアンパンマン様の図書カード。。。。。と、紹介したいのはそこじゃなく、どこかのメモ帳についていたカードフォルダ。ジャストサイズの市販のカードフォルダはまだ見つけることができないので、重宝してます。
ここに、要支払の請求書だとか、病院の受付票とかを入れておけます。


2冊目、真ん中にはメモ帳(薄め)。
0107note06_2
真ん中のゴム紐だけでぶら下がってます。
私にとっては使用頻度が低いので、次回はどうしようか考え中。
でも、あると便利なときもあるし、もともとの市販のスケジュールのメモ欄で代用できそうな量でもあるし、むむむ。。。
万一のファイリングの可能性も考えて右側始まりにしていますが、まだやったことはないです。


3冊目。ようやく、もともとの市販の手帳です。
紐に通し、片側の表紙をカバーに差込んであります。

0107note05_2
とあるものについての、計画表を、べんべろべーんとジャバラにして、手帳の表紙の裏あたりに貼り付けてます。
年間スケジュールをこれにしても良いなあ。


月間スケジュールのページ。
0107note04_2


日々のスケジュールのページ。
0107note03_2
スケジュール管理というより、日々の時間の記録箇所になってます。
8時から22時までしかないのですが、5時から25時までのものが欲しい。


分かりにくいですが、手帳カバーの部分。
0107note02_2
紐にこれまた、必要な書類やみたいものなんかを通してあります。
カバーにもなんか挟み込んだり、見えませんが、未使用の付箋紙もくっつけてあります。


0107note01_2

以上、カバーと、中に入っていたノート他です。(このほかにこまごまいろいろ。)

ようするに、なんでもかんでも入れちゃってる、手帳ファイル(メモ帳ファイル)でした。


(2010/01/08 訂正追記)

続きはこちら → 自作手帳カバー(2012.12.07)

2009.08.16

経文式ジャバラ手帳

この手帳の実物写真はないです。ごめんなさい。

超整理手帳は中身はジャバラ式ですが、片方が綴じたカバーにはさめてあります。
それを、ジャバラの最初のページと最後のページのみ、少し集めの紙あるいはプラスティックシートに挟めている人を見ました。
それらの前表紙と裏表紙は、背表紙では繋がっていません。

イメージとしては、ジャバラで繋がっている経文といったところでしょうか。

必要な部分のみ、必要なだけ広げることができて、それなりに使い勝手はよさそうです。

2009.02.23

B7メモ帳ファイルの話

メモ帳ファイル あるいは ノートカバーの話(2008.09.08) のつづき。

 
FOBのメモ帳ファイルは、2種類のB7ノートを入れるのですが、方眼紙タイプの方は、近くに売っているお店もないし、高めなので、B7レポートパッドが入るように、ちょっと改良してみました。

B709022305

背表紙の裏側に、ダイソーのA5かA6サイズのクリアフォルダ(100円でかなりの量が買える)を切ったものを両面テープで貼り付け、であります。

そこに、B7のレポートパッド(アマゾンへリンク)を差込みます。

そんで、右側にはB7の普通のノートと、真ん中に、カードフォルダ。
B709022302

当方、方眼紙タイプのノートは結局、ちょっとしたアイデアメモやラフスケッチ風に利用するのが主で、のちのちばらして利用する可能性を考え片面しか使用しなかったので、方眼ノートよりこのレポートパッドの方が適しているような気がします。

ただ、このレポートパッド、厚めで、すこし使用した状態であっても、こんな厚さ
B709022301
なので、「小さくて~、薄くて~」という点は、少々犠牲にしてしまいました。


それから、このレポートの紙ですが1枚1枚がもう少し厚ければ、昔、大学時代にならった知的生産の技術の情報カードシステム風になるような気もするのですが、そうすると「薄くて小さい」という当初の前提とさらにかけ離れたものになってしまう上に、情報カードシステムの不便な点、「すぐバラけちゃうっ」「たっか~いぃぃ」という点がついてまわってストレスになるので、今回はこれで。


そういえば、こちら(朴斎さんのブログ)にも、情報カードシステムの話が載っておりました。


(B7メモ長ファイルの顛末はこちら 日常の手帳(A6メモ帳ファイル)の話 -手帳カバーを改良してみる- 2010.01.07)

ノートカバー式システム手帳の話/A5版-2-

ノートカバー式システム手帳の話 のつづき

半年ほど前、「A5サイズのノートカバーがないっっ」とさんざん騒いでいましたが、見つけました。

コクヨさんで。(アマゾンのページへ)

(ぬおっ、パクられた? と思った私は自意識過剰・・・)
 
A509022301_2


自作のカバーも思うようにいかなかったので、こちらを即購入。

前に捜していたのと違って、中に入っているのは、普通の40枚綴りのごく普通の厚さのノートでして、前回カバー欲しさで購入し、分厚いノートを捨てるか?? と悩んだ商品とはまったく違い、カバーを主眼に置いた商品のようでありますね。(鉛筆は別売りですヨ、念のため)

A509022304_2

中には、同じくコクヨさんのA5サイズのスケジュール帳(自分の求めているものとは大分違うデザインなのですが、A5に惹かれたので今年はこれでやってみまする)と、ダイソーのA5フォルダーにベロをつけたものを差込み、前回と同じように使用。
A509022302

うーん、見ればみるほど、根本思想、同じやん。。。(とことん自意識過剰) 自作のも、ゴムで留めてたしぃ、しおりもついていたしぃ。(これ、ゴムやしおりくらい誰でも思いつくゾ、と自分に言い聞かせる)

発想は同じでも、経験の差ですかね。工夫が10歩ほどたりなかったのか。うーむ、こうすればよかったのだね、と勝手にライバル視したコクヨさんの商品をまじまじと観察したのでありました。

(コクヨさんのカバーには、中にボール紙か厚紙が入っている模様)

 
前回このブログで紹介したタイプのは、結局2cmくらいまでの分厚さになったので、この商品ではもしかするとマチが足らないかなぁ。
不便になりましたら、自作するか改良いたしまする。


(スケジュール帳の顛末はこちら 日常の手帳(A6メモ帳ファイル)の話 -手帳カバーを改良してみる- 2010.01.07)


不便になったので自作してみました。 -ノートカバーを作ってみました(A5サイズ)- 2010.04.19

2008.12.08

論理エンジンで読解してみた

ご存知の方も多いと思いますが、ワンランク、ツーランク上の学習教材、あるいはお受験用に、論理エンジンってものがあります。

  論理エンジン(アマゾンのページ)


私の持っているのは、今手元にないので確認はできないのですが、対象年齢は、「小学4年生から」となっていたように記憶しています。(もっとも、4年生でこなせる子は、多分クラスに一人いるかいないかのレベルで、大半の子にとっては中学以降にやるのが最適ではなかろうかと思ってマス。もちろん出来る子は、小3位からでも可能。国語は、算数や数学以上に差があるようデス。)

 

で、この論理エンジンとの最初の出会いが、子供向けの教材コーナーに並んでいた本であったためでしょう、私の中では、「ユニークで、読み取りのヒントを与えてくれる単なる学習用教材」という認識でしかなかったんですね。


ところが先日、むちゃくちゃ難解な文章に出会いまして、その認識を改めました。

その難解な文章というものは、税法でもなんでもない、ただの法律の一つの条文に過ぎないものだったんですが、字面はちゃんと読めるのに、文の構成が複雑で、恥ずかしながら、いまいち頭の中にスッと入ってこないんですよ。
何度も繰り返して読んで、アンダーラインをつけ、一塊ごとにくくり、各関係を矢印等で結び、意味はつかめたように思ったのですが、解説文を読むと、自分の理解とは全然違うことが書いてあって、頭を抱えてしまいました。(難しめな語句は使用してありますが、知らない言葉が文章内に存在していないにも関わらず、読めないとは何事!!!)

そこで、これはもう、印刷されたままの状態での隙間と、私の頭の中だけで処理できる範囲を超えていると、試行錯誤しながら、文章を分解し、各塊間のつながりを図式化して、組み立て作業を行って、読解作業を試みたんですね。
そこでようやく認識した、文内での語句の繋がりと、把握できたこの文章が言わんとすること。

0812ronri
(B5のレポート用紙使用。上のは、ひとつの文で、下のも、たった二つ。)

そして、出来上がった図は、どこかでみたもの。そう、まさに、論理エンジン風。


というわけで、この論理エンジン風の図式化は、自分の能力を超えている文章を読むとき、大人にとってこそ、有用な手法だと認識したのでありました。


今は逐一描いているイメージ図も、何度か描いていると、そのうち、頭の中でも組み立てが出来るようになるやもしれませぬ。

ちょっと錆付いてしまった頭を活性化し、新しいものを手に入れるために、どんどんこういうテクニックを活用していかんなネ。うん。まだまだ、ガンバらんニャ(←富山弁)。

  参考ページはここ。
  http://www.ronrienjin.co.jp/

子ども用に買ったのは、これ。


スタンダードは、これ↓なのかな?
4年生用とありますが、普通は無理で、「中学生向け」と書き換えてもいいんじゃないかな~、と思ったりします。

2008.11.24

超整理手帳の自作カバー

ノートと手帳のカテゴリーを作ってみました。
ノートカバー式システム手帳の話はこちら。


さて、人様のお話。
面白い超整理手帳用の自作カバーを使っていらっしゃる人がおり、ちょうど改良型を作るということなので、お願いして写真を撮らせていただきました。

用意するもの

Pp01_2

A3位?の型紙(自作で少しずつ改良中)
ダイソーのPPシート
カッター
千枚通し(シートのライン付けと、角の印付け)
カネの定規(写真のは30cm)
両面テープ(型紙とシートの接着に利用)

その他、写ってないものとして、カッティングシートとはさみ


作り方

1 シートの裏に、型紙をラインが分かるように両面テープで貼り付け
(良い写真が撮れませんでした。ごめんなさい。)

2 角を千枚通しでPPに印付け → 金具の定規を使用して慎重にライン付け
(同じく良い写真が撮れませんでした。ごめんなさい。)

3 金具の定規を使用して、慎重にカッティング
(これまた良い写真が撮れませんでした。ごめんなさい。)

4 ラインに沿って折り目をつける

Pp03_3
↑切り取り後、折り目をつけた様子

5 折り紙のように折り、
Pp04
突っ張っているところを、少し切り込み等を入れたりして整え

6 出来上がり
Pp05

表紙には好きな写真等を入れ、中には超整理手帳タイプの自作(?)リフィル等を挟み込んで、使用するとのこと。
Pp06

作成の所要時間は約30-40分。

大き目のPPシートがあるなら、A5カバーを自作してみるのも面白いもしれませぬ。
一般小売されているPPシートの最大がこの大きさであるなら、A5は無理っぽそうで、B7やA6サイズの手帳なら可能かなあ。


最後になりましたが、撮影にご協力いただき、ありがとうございました。m( _ _ )m


(最終訂正 2008/12/8)

フォト

あまぞんさん

カテゴリー

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Twitter AnneJP1

無料ブログはココログ