酒井式描画指導法を考える

TOSSという一見まともな教育団体で行なわれている「お絵かき歌」の複雑バージョンの教育法についての考察。

2009.06.19

画面を見ないで描く

当ブログの酒井式描画指導法のカテゴリーに興味を示される方もまだまだ多いようです。

我が家では、幸いなことに酒井式描画指導法を採用している図工担任に出会わずに済みそうな様子でして、酒井式についての新たな体験談は提供できないのですが、最近、酒井式を思い出した事柄がありますので、話題提供をしてみたいと思います。


酒井式では、「対象物を見ないで描く」

ここで紹介するのは、「画面を見ないで描く」

全く逆の提案です。 お間違いないよう。

 - * - * - * -


子どもが受けてきた授業の中に、「画面を見ないで描く」というものがありました。

子どもの話によると、画面を見ることにより、どうしても入り込んでしまう、「記号による表現」を排除する狙いだということでした。
「記号による表現」とは、たとえば幼稚園児の頃からのお約束、sunのようなもの。
(これら記号は、たとえ対象物をじっくり見ていなくても、そう描きさえすればそれが何かを伝えることが出来ます)


その話を聞いて、自分も家で「画面を見ないで描く」を試してみたところ、いつもとは違った状況に気が付きました。
画面を見ないということは、自分の視線は対象物に集中します。
今までの何倍もの集中力をもって、対象物の姿を、立体を、色の加減を、感触をつかもうとするのです。

「徹底的な観察」です。

多分、これこそが、その授業の真の狙いなのでしょう。

 

対象物についての徹底的な観察。
これは、酒井式描画指導法にすっぽり抜け落ちているものです。

 

数年前、NHKの教育テレビで放送された酒井式描画指導法の授業風景では、教師が描く前に対象物を子どもたちに見させてはいましたが、結局は先生の号令にしたがって、その順番どおりに手をゆっくり動かしていくことになります。
所詮、対象物の観察がなくとも描けてしまうものですから、酒井式のそれは、単なる「見ているフリ」という位置づけでしかありません。


この「画面を見ないで描く」という方法は、授業に取り入れようとすると、その狙い通りに子どもたちが動いてくれなくて、特に低学年対象では、授業を成立させるのは困難であろうと想像します。

けれど、指導する立場の教師の方が体験するのは有意義でしょう。やったことのない方がおられましたら、是非お勧めいたします。

 

絵の技術のうまい下手ではなく、対象物の観察。
これも、絵を構成するひとつの重要な側面なのです。

 

(と、エラソーに書きました)

2016/1/1 補足

2005.10.23

酒井式描画指導法への疑問

北海道の山崎さん(中学校の美術教師)が
酒井式描画指導法について、
ご自身のWebサイトにまとめたコーナーを作られました。


幼児教育・図工教育・美術教育に悩んでおられ、
酒井式の本を手に取ろうとしておられる教員の方や
既に始められている方たちの目に留まり
少し立ち止まって考える機会になることを
切望いたします。


酒井式描画指導法への疑問
  そのMENUページ

2005.09.26

酒井式描画指導法への愚痴モード

酒井式描画指導法関係のサイトをつらつら読んでて、
ちょっとげんなりきたんで、その愚痴モード。

対象ページ 酒井式で描く「窓辺の花」


><指示3>  葉っぱを5枚付け加えなさい。ただし、そのうちの2枚は重なって見えるように描きなさい。

ゲーッ、なんで5枚って決められなきゃいけないんだっっ。
そんなもん、5枚でも6枚でも10枚でも1枚でもいいじゃん。
2枚重なっていようが、3枚重なっていようが、放射状に並んでいようが、
描き手の勝手じゃないか。

絵に決まりなんてないんだ。
万人に共通する正解もないんだ。

自分なりの正解を、自分で求めていくしかないんだ。

これは、マンガチックな絵の人にも、リアリズムの人にも、シュールな人にも
どんなものにもいえることだ。


読んでて、この方法を採用する教師自体が
絵をかけないコンプレックスを抱いていて
それを解消する手っ取り早い方法として、
酒井式に飛びつくという図式を思い浮かべました。

名づけて、美術教師のカップラーメン。

やはり、酒井式は、
「どう描いたらよいかわからない人にも、描ける気分を味わえる、疑似体験」
であると思います。

導入にあたっては、描けない人に向かって暫定的に行うものであり、
それ以上、採用してはいけないのです。

2005.09.25

美術からみた人間の発達

酒井式描画指導法をいろいろ批判していますが、
じゃあ、本来の美術指導はどうあるべきなんだ? と考えるのが自然です。

具体的方法論については、
下にご紹介する方々にお譲りするとして
山崎さんのブログの記事の中に、
自分および子育ての経験から導き出した漠然とした結論と
おおよそ合致するものが
「美術からみた人間の発達」として掲載されていましたので、
それを参考に自分なりの意見を簡単にまとめます。

--------------------------
【乳児~幼児頃】
 感情の表現・自分の赴くままに書いたものが実際となって現れる喜び

【年長~小学生】
 つくること、想像の喜び、その表現のよろこび

【小学校高学年~】
 少し覚めたものの見方、客観性の拡大、見栄えへの関心

【中学生~高校生】
 自我の確立、デッサンへの関心、技法の進歩

【高校卒業~大人~】
 自己の確立、心の葛藤、ライフワークへの意識


出来栄えだけを重視した教育には、まったく意味はないと思います。
器用さで技法を表面上習得しても、「何を描いてよいかわからない」となり
また反面「描けない」というコンプレックスを抱いた人間を育てるだけではないでしょうか。

まず必要なのは、「何を描きたいか」「どう描きたいか」という心だと思います。
それを実現するのには、これだけの技術がいる、
人に理解してもらうためには、こう見せなきゃいけない
だから、その技術や構図などを身につける、という順番になります。

さらに、心を傷つけた教育では
その傷が芸術関係以外にも響く恐れがあるように思います。

----------------------------------------

自分は、小学校の1年と6年にあった放課後の土曜教室に通った以外
特別に絵を習ったこともなければ
美術教育の理論も習ったことはありません。
ですから、専門家からみれば、少しおかしいところがあるかもしれません。

(というか、未熟者がえらそうにウンチクを垂れているんで、面映くて耳まで真っ赤になりそうです)


具体的方法はこちらを参考にしてください。

kid's art labo 幼児造形表現教育研究
oizumi's laboratory 大泉義一研究室

2005.09.23

なんで決められなきゃいけないの?(酒井式描画指導法)

酒井式描画指導法について、あちこちに書いております。

酒井式描画指導法とは、
TOSSに参加している小中学校の教諭を中心に行われている
絵を描かせる授業のマニュアルの一つです。

しかも絵が描けない先生が行っても
絵の得意でない子供をはじめとした全員に、
ほとんど失敗なく絵が描けるようになるメソッドです。

事実、その指導法に従って描いた子供の絵が
なにかしらのコンクールで賞を取っているようです。

なんだか、魔法のようなすばらしい授業だと思いませんか?

しかし、その授業を偶然受けた子供(小3)は
語尾を震わせながら、必死に泣き出すのを我慢してこう言いました。

 ------------------------------

 「あれはもう嫌だ。やりたくない。
  なんで決められなきゃいけないの?

  担任の先生がときどき言う、鼻をもう少し大きく、
  という位なら、その理由もわかるし、構わない。

  でも、ストローを斜めに置けとか
  牛乳パックのここから描きなさいとか。

  そういうのは、自分で決めたい。
  自分で決めて、自由に、好きなように描きたい。」

 ------------------------------

どこが問題なのでしょう。
美術(絵)だから、幻惑されている人が多いのです。
酒井式とは、たとえて言うと、こんな指導法なのです。

 ---------------------------------
  酒井式を他の教科にあてはめると、
  1.テストを配り、
  2.先生の言うとおりに答案を書き込み、
  3.「みんな100点です。バンザイしましょう。」
  となるのでしょうか。
    出展 TOSSウォッチング掲示板ぽじとろんさんの発言
--------------------------------


酒井式描画指導法の具体例を示します。
本当に、こんな風に↓、逐一、先生の言うとおりに描くことを強要されます。

荒れたクラスも集中した酒井式入門「わたしのかお」
酒井式ハンドブック


酒井式描画指導法にNo!と公に声を出している人たちのブログもご覧ください。

美術と自然と教育と これが幼児の絵!? 魔法の酒井式描画法
 ・・・中学校の美術の先生

なにかをつくる 「酒井式」…? ・・・美術予備校/カルチャー教室の方

*******************************************

ついつい子供の絵に口を出してしまうってことは
たいていの人には覚えがあるかもしれない。

「あー、こっちの色の方がいい」
「こうやって描こうよ」

けれど、酒井式描画指導法は、その域を超えているのだ。
先生の言った通りに、いった方法通りに
全員が描いていくという授業方法である。

ストローを斜めにしてと号令されれば、斜めに、
三角から描けと号令されれば、三角から。
クレヨンを折れと号令されれば、全員が。
鼻を塗れと号令されれば、鼻を塗る。

それにどんな意味があるというのか。

子供には心のままに描きたいという欲求がある。
子供の心を無視し、踏みにじって
先生の言うとおりにすることを強要している。

そして、
周りの大人たちは、出来栄えに気をとられ
その過程で行われてきたこと
「自由に感じる自分の心を否定され
 描きたくもないものを無理に描かせられている」事実に
まったく気がつかない。


もし、酒井式描画指導法を採用しようとしている方、
もしくは採用している方がこのブログを読まれたら
自分のやっていることを見直していただきたい。

絵は、子供たちの心を豊かにするためのものである。
大人の権威で押さえつけ、踏みにじり
押さえつけるためのものではない。

見栄えなんか2の次、3の次だ。

    心の自由

それこそが、子供たちが絵を描く、真の意味である。

**********************************

教育的言葉で言うなら、
絵を描くということは
自己を確立し、意見をもつための訓練の場か。

酒井式で自分で感じたことを否定され、
言われたように描くことを強要されたら、
いったいどんな人間になるというのだろう。

自分の意思を持たないロボット。
あるいは自分を否定されたストレスから切れる子供。

酒井式描画指導法を教えている人は、
そんな人間を世に送り出すことが目的なのだろうか。

2005.09.20

酒井式描画指導法(わかりやすい言葉での批判)

酒井式描画指導法について、コメントをもらい知ったのですが
酒井式描画指導法について、TV放映されたそうです。

その方、山崎氏のコメントをこちらにコピーしておきます。

同時にその方のブログから、いろんな方のブログを見つけましたので
トラックバックいたします。

酒井式描画指導法については、美術ということであり、
TOSS授業のほかの問題点、
「水からの伝言」のようなニセ科学を容認しているといったような
誰もがわかる「明確」な言葉を使った
「簡潔」な表現による批判がまだなされていません。

問題として取り上げるなら
まず誰もがわかり、
たくさんの人が批判に共感できるようにしなければなりません。

酒井式描画指導法が、「他の教育法と違い、ここが問題なんだ」
ということです。

私の印象では、酒井式描画指導法では、
子ども独自で絵を描き上げる力がつかないと思っています。
しかし、これが本当なのか
ほかの教育を受けてきた子がちゃんとついているのかの実験結果がありません。

例えばの案なのですが
酒井式描画指導法のみを受けてきた子供たち50人と
その他の指導法を受けてきた子供たち50人に
まったく自由に、絵を描かせてみる、あるいは何か発想させてみる
(テーマ、題材については、その場で発表)
そういう比較対照実験はどうでしょうか。


子供たちに感想を聞くというのも考えたのですが
自分の子供 (かなり自分の意見をはっきり言う) ですら、
その授業を取材にきていたケーブルTVの取材に対しては
「楽しい」と、子供なりに気を使い、
あるいは無力な子供であるがゆえに大人におもねる発言をしていましたので
薄っぺらなアンケート用紙では
子供の本心をリサーチするのは、ほぼ不可能だと思います。

 「もう二度とあの授業は受けたくない。あの絵は見たくない。」と
 2-3日してからこっそり、怒られるかとびくびくしながら
 母である私に言いました。


【関係ブログ】

美術と自然と教育と
 酒井式の放送後考えたこと
 酒井式描画指導はまた広がりを見せそうな予感
 難しく考えすぎていたかな?酒井式のこと

 「酒井式」に学ぶ ?
おおはしわあるどブログ
 NHKの放送に対する意見
 酒井式を美化してNHKが放送してしまいました
 
その他
 酒井式、NHKでの放送内容は?(日本美術教育学会WEBニュース)
 酒井式の放送を見て(ハートでアート)
 NHKで酒井式放映 これが全国に広まったら大変
  (麓郷生まれの麓郷育ちの日記)
 『わくわく授業 〜酒井臣吾先生の図工〜 』を見て
  (子どもとの笑顔 ~美術教育の日々~)

あんねりあん(ぶろぐ編)
 酒井式描画指導法を考える


賛成あるいは実践している方のブログ
 よびのび仕事日記の酒井式描画指導法


【関係サイトおよび掲示板】

TOSSウォッチング
TOSSウォッチングの掲示板


わくわく授業(教育テレビ)  こんなにイキイキ描(えが)けたよ
  初回放送 平成17年9月18日
  再放送 平成17年9月24日(土)深夜午前0時40分〜1時05分 (実際日付は9/25AM)


酒井式描画指導法の具体例
  ・・・ ロボットのように画一的に描いていきます。
  これでシーンとなったのなら、子供があきらめモードになっているだけでは?

酒井式描画指導法のほめ方
  ・・・ はっきり言ってそらぞらしい。
  もし感受性が強い子供なら見透かし、嫌悪感すら感じるだろう。

酒井式描画指導法によって描かれた絵の例
  ・・・ みんな同じです。


題名を変えました。2005/9/21

2005.08.12

酒井式描画指導法

前に紹介したTOSSの授業について。

酒井式描画指導法による絵をネットで見ていたんですが。。。。

http://www.h2.dion.ne.jp/~kazuhiko/kagami%20top.htm
http://www8.plala.or.jp/kunimaru/hannga/kagami1.htm
先生、
やっぱり、全く違う性質の子ども、
違う場所に住んでいる子どもが
全く同じ構図の絵を描いているのは
とても不気味です。
怖いです。
背筋が本当に寒くなりました。

子どもは、一人ひとり違う人間です。
もっと自由に描かせてやってください。

2005.07.31

リンクを禁止されても困るんですけど・・・

インターネットランド(通称TOSSランド)というものがあるみたいです。
http://www.tos-land.net/

 TOSSとは・・・
  教育技術法則化運動
  (TOSS:Teacher’s Organization of Skill Sharing) 

教員の方々がいろいろ集まって、授業方法を提案しあったり
インターネット上で先生方が作ったサイトをリンクしたり
子どもたち向けの教室をボランティアベースで開催したり。


で、自分もその教室を見てきました。 (絵に関しての授業)

授業内容そのものについては、正直、納得できないものがありました。

今回担当された先生が、
新しい方法を知ったばかりのためそういう状態にあったせいか
はたまた時間が足りなかったためかもしれませんが
ノウハウ的なことに重きを置きすぎ、描く順番も方法も決まっていました。
何故、このパーツを先に書くのか等、理由をすっとばして描かせていたため、
絵を描く上での全体的視野(順番とか構図)を子どもたちが体感することは
できなかっただろう思います。

今回は、言うとおりに描いて描けたけれど
次回自分で描くことは出来ない、
つまり応用力はちっとも身につかないだろうな、と。

絵の嫌いな子どもにとっては、
絵が描ける、絵を描くことは楽しいという体験をさせるには
良い授業であろうとは思いますが、
私だったら嬉しくないです。


それでも、全国の先生方が一生懸命になって、
ネット上でいろんな算数のゲームを作って公開したり
社会、理科のサイトも作ったり(素人くさいのはまあ仕方がない)
これは好感が持てそうだなぁと、
ここに紹介しようと思いましたら

あーた、

リンクに関して、なんだかむちゃくちゃな規定がありますよ。

登録1万4千サイトにものぼる、
ポータルサイトとしての自分の地位が危うくなるからですかね?

いやいや、このブログにもそのうち苦情が来るかもしれません。^ ^ ;

というわけで、
内容を絞りきれないままに、いろいろ書いてしまいました。


インターネットランド
インターネットランドについて
  
代表の向山洋一さん
  ・・・ 人を惹きつけるということは同時にクセも強いのかもしれません
  明治図書オンラインのページ
  健康本の世界より
  水商売ウォッチング:拡がる怪しい水の話より

酒井式描画指導法 ・・・・・ 今回見てきたのはこれかな?

フォト

あまぞんさん

カテゴリー

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Twitter AnneJP1

無料ブログはココログ